ケベック旧市街の歴史地区

ケベック旧市街の歴史地区について

カナダ、ケベック州南部に位置し、多くのフランス系住民の住む都市。
ヌーヴェル・フランス」を掲げるフランスの植民地として発展したが、英国との間でこの地を巡る争いがあったことにより旧市街は城郭で囲まれ、北米で唯一の城郭都市となった。
ランドマークにもなっている旧総督邸シャトー・フロントナックは現在は高級ホテルとしてその姿を残す。

概要

登録国 カナダ
登録年 1985年
登録基準 (iv)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 旧市街・歴史地区

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

28件のコメント