グレーター・ブルー・マウンテンズ地域

グレーター・ブルー・マウンテンズ地域について

オーストラリア南東部、ブルーマウンテンズ地域は標高1300m級の森林地帯で、90種のユーカリ(世界の13%)が生育していることで知られる。
ブルーマウンテンズという名の由来は、ユーカリに含まれる油分が気化し空気中に広がると反射する光の青の成分をよく通し周囲が青みがかって見えることから。
1994年には1億年以上前の植物と言われているウォレミマツが発見された。

概要

登録国 オーストラリア
登録年 2000年
登録基準 (ix)(x)
分類 自然遺産
その他の特徴 森林 / 国立公園

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

37件のコメント