クインズランドの湿潤熱帯地域

クインズランドの湿潤熱帯地域について

オーストラリア北東部、グレートバリアリーフやグレートディヴァイディング山脈に沿って広がる熱帯雨林地帯。
数多くの国立公園や保護区で構成されており、敷地内には世界最古級の熱帯雨林や絶滅危惧種ニオイネズミカンガルーなどを見ることができる。
ケアンズを拠点とした観光地としても親しまれている。

主要箇所

https://upload.si-p.net/img/1525479006_barron-falls.jpg
Main component Queensland,
クイーンズランド州
ケアンズ周辺を含み、構成遺産の中で最大面積。
キュランダ鉄道やバロン滝などがあり観光地としても著名である。
【主な国立公園】
・マウントウィンザー国立公園
・マウントルイス国立公園
・ディンツリー国立公園
・リトルモルグレイブ国立公園
・ガッドギャラ国立公園
・タリーゴージ国立公園
・タリーフォールズ国立公園
・コーンブールーンバ国立湖園
・キラーマ国立公園
など
詳しく見る

Component around Malbon Thompson and Graham Range Queensland,

Component around Curtain Fig Queensland,

Component around Lake Barrine Queensland,

Component around Lake Eacham Queensland,

Component around Russell River Queensland,

Component around Hugh Nelson Range Queensland,

Component around Malaan Queensland,

Component around Moresby Range Queensland,

Component around Cowley Queensland,

Component around Kurrimine Beach Queensland,

Component around Mission Beach Queensland,

Component around Edmund Kennedy Queensland,

Component around Paluma Range Queensland,

概要

登録国 オーストラリア
登録年 1988年
登録基準 (vii)(viii)(ix)(x)
分類 自然遺産
その他の特徴 森林 / 国立公園 / 絶滅危惧種

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

16件のコメント