アムステルダムのシンゲル運河内の17世紀の環状運河地区

アムステルダムのシンゲル運河内の17世紀の環状運河地区について

オランダの首都アムステルダムの運河地区にある歴史的町並みは、16世紀末〜17世紀初めにかけて新しい港湾都市計画の一環として建設された。
運河は旧市街から一番外側のジンフェルグラハトまで扇形に広がり、その運河システムを用いて湿地から排水をし、間を埋め立てながら都市自体を拡張していくという事業計画であった。
埋め立て地には、切妻屋根の家や数多く記念建造物が建てられ、その非常に均質な町並は19世紀に至るまで大規模都市計画のモデルとなった。
また、アンネフランクがナチスから逃げるために隠れていたアパートも登録範囲の地域に含まれている。

概要

登録国 オランダ
登録年 2010年
登録基準 (i)(ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 建築 / 旧市街・歴史地区 / 水利・灌漑

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

76件のコメント