古代都市テーベとその墓地遺跡

古代都市テーベとその墓地遺跡について

エジプト、カイロの南に約670kmのナイル川中流域に位置するエジプト新王国時代の遺跡。
第18王朝時代に繁栄し、ナイル川東岸にはカルナック神殿ルクソール神殿が、西岸であるいわゆる死者の都(ネクロポリス)にはラムセス2世やハトシェプスト女王の葬祭殿、砂漠丘陵地の王家の谷の墓地群がある。

カルナック神殿

https://upload.si-p.net/img/1498819954_egypt-1285838_640.jpg
Temple of Karnak
詳しく見る

ルクソール神殿

https://upload.si-p.net/img/1498820268_habu-temple-main-entrance-1494140_640.jpg
Temple of Luxor
詳しく見る

テーベの墓地遺跡

https://upload.si-p.net/img/1501997453_王家の谷.jpg
Ancient Thebes Necropolis
歴代の王が眠る王家の谷や王妃の谷がある。
詳しく見る

概要

登録国 エジプト
登録年 1979年
登録基準 (i)(iii)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 壁画 / 墓 / 廟 / 古代都市 / 彫像

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

31件のコメント