ラニ・キ・ヴァヴ:グジャラト州パタンにある女王の階段井戸

ラニ・キ・ヴァヴ:グジャラト州パタンにある女王の階段井戸について

ラニ・キ・ヴァヴ(「女王の階段井戸」の意味)はインド北西部、パタンのサラワティ川の川岸に築かれた階段井戸。
階段井戸とはインド亜大陸における独特な地下構造物及び貯水システムである。
この場所の階段井戸の利用目的は単に井戸に留まらず、水の神聖性を祀った寺院としての機能も兼ね備えており、マル・グルジャラ様式により緻密で芸術性の高い仕上がりとなっている。

概要

登録国 インド
登録年 2014年
登録基準 (i)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 その他宗教 / 水利・灌漑

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

4件のコメント

  • 2021年06月23日 23時23分

    かたやん

    地震で崩れて奥まで行けなくなっているのが残念

    いいね! 0
  • 2020年06月14日 14時38分

    ちゃるな

    大学の授業で訪れました!

    いいね! 0
  • 2018年11月11日 23時25分

    片山裕介

    地震による損傷で奥まで入れないのが残念です。

    いいね! 0
  • 2018年05月16日 02時03分

    三茶人

    ラーニ・キ・ヴァーヴもいいですが、階段井戸ならチャンドバオリがすごいと思うのですがあちらはなぜ世界遺産にならないのでしょうね?

    いいね! 0