ブッダガヤの大菩提寺

ブッダガヤの大菩提寺について

インド東部,ビハール州中西部の小村に位置し、約2500年前に釈迦が菩提樹のもとで悟りを開いたとされる地である。
仏教の四大聖地のひとつとされ、マーハボディ(大精舎)と呼ばれる高さ50mにもなる大菩提寺がそびえている。現在の建物は19世紀に復元されたものである。

概要

登録国 インド
登録年 2002年
登録基準 (i)(ii)(iii)(iv)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 仏教

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

5件のコメント