デリーのフマユーン廟

デリーのフマユーン廟について

首都デリーにある、ムガル帝国の第2代皇帝フマーユーンの墓廟。
ペルシア人の指揮のもと作られたこの建築物は、ペルシア式とインド式の見事な融合によって完成した。
インドにおけるイスラーム建築の傑作のひとつとされており、その建築スタイルはタージ・マハルにも影響を与えたと言われる。

概要

登録国 インド
登録年 1993年
登録基準 (ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 イスラム教 / 建築 / 墓 / 廟

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

45件のコメント