タージ・マハル

タージ・マハルについて

インド北部、アーグラに位置するタージマハルはインド・イスラム建築の傑作である。
ムガール帝国第5代皇帝、シャー・ジャハーンが、遠征先で亡くなった妻ムムターズ・マハルのために1632年から22年の歳月をかけて建てられた霊廟。
高さ58mにも及ぶドームを持つ霊廟や、42mの4本のミナレットが完全な左右対称で配置されている。

概要

登録国 インド
登録年 1983年
登録基準 (i)
分類 文化遺産
その他の特徴 イスラム教 / 建築 / 墓 / 廟

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

41件のコメント

この世界遺産に関するまとめ