アーグラ城塞

アーグラ城塞について

インド北部、ニューデリーの南約200kmにあるムガル帝国の旧都城であったアグラ城。
16世紀の第3代皇帝、アクバルの時代に建設が始まり、現在残る大部分は第5代皇帝シャー・ジャハーン時代のもの。
イスラム建築とヒンドゥー建築の融合が図られており、ムガル皇帝が両宗教の融和に心を砕いていたことがうかがえる。
囚われの塔」とも呼ばれるムサンマン・ブルジュという8角形の塔などが見所である。

概要

登録国 インド
登録年 1983年
登録基準 (iii)
分類 文化遺産
その他の特徴 イスラム教 / その他宗教 / 建築 / 城・宮殿

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

39件のコメント