カステル・デル・モンテ

カステル・デル・モンテについて

イタリア南部・プーリア地方にある、神聖ローマ帝国皇帝フリードリヒ2世によって作られた城塞。
真上から見ると八角形をしており、それぞれの隅に八角形の小塔が設けられている。
フリードリヒ2世はイスラム文化への理解も深く、イスラム的オリエントとヨーロッパ・ゴシック建築が見事に融合した建築物として知られる。

概要

登録国 イタリア
登録年 1996年
登録基準 (i)(ii)(iii)
分類 文化遺産
その他の特徴 キリスト教 / イスラム教 / 城・宮殿

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

2件のコメント