シュパイアー、ヴォルムス、マインツのユダヤ人共同体遺跡群

シュパイアー、ヴォルムス、マインツのユダヤ人共同体遺跡群について

英名:ShUM Sites of Speyer, Worms and Mainz
ドイツの中西部〜南西部、上部ライン渓谷付近にある墓地やシナゴーグ等ユダヤ人関連遺産。これらは11世紀から14世紀にかけて醸成されたアシュケナジム(ドイツや東欧のユダヤ人)の文化を表すものである。
ShUMとは、シュパイアー、ワーム、マインツのヘブライ語のイニシャルを繋げた言葉。

概要

登録国 ドイツ
登録年 2021年
登録基準
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / その他宗教 / 墓 / 廟

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント