バガン

バガンについて

英名:Bagan
上座部仏教の国ミャンマーのマンダレー地方域に残るバガン文明の最盛期(11世紀〜13世紀)を象徴する仏塔(ストゥーパ、パゴタ)や寺院など。
ミャンマーは90年代には既にバガンの世界遺産登録を目指していたが、1997年に開催された第21回世界遺産委員会にて真正性が立証できないなどの理由で登録に至らなかった。それから20余年の時を経て2019年の第43回世界遺産委員会において晴れて登録となった。

概要

登録国 ミャンマー
登録年 2019年
登録基準 (iii)(iv)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 仏教

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

21件のコメント