クシェミオンキの先史時代縞状燧石採掘地域

クシェミオンキの先史時代縞状燧石採掘地域について

英名:Krzemionki Prehistoric Striped Flint Mining Region
ポーランド東部、先史時代(新石器時代〜青銅器時代:紀元前3900年〜1600年頃)にフリント(火打ち石)を採掘していた場所。これまでに見つかった同種の採掘場の中で最もまとまった数の採掘跡が見られる。
事前の勧告では「情報紹介」だったが第43回世界遺産委員会において登録となった。

概要

登録国 ポーランド
登録年 2019年
登録基準 (iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 先史時代

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント