アウクスブルクの水利管理システム

アウクスブルクの水利管理システムについて

英名:Water Management System of Augsburg
ドイツのバイエルン州南西部に位置するアウクスブルクでは、14世紀より高度に発達した水利管理システムが作り上げられてきた。ドナウ川の支流であるレヒ川とヴァルタハ川が流れており、その水流を制し利用することがこの地に技術革新をもたらした。
給水塔やポンプ式機械、噴水や水力発電所など多岐に渡る水の利用は画期的であり、現在でも持続可能なエネルギー活用の事例であるといえる。

概要

登録国 ドイツ
登録年 2019年
登録基準 (ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 産業遺産 / 水利・灌漑

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント