慶州歴史地域

慶州歴史地域について

朝鮮半島東部、慶尚北道にあり、新羅王国の首都・金城として紀元前1世紀から10世紀に栄えた。
月城地区・山城地区・南山地区・皇龍寺跡地区・大陵苑地区の5つに大別される。

南山地区

Mt. Namsan Belt
七仏庵とも呼ばれる南山石仏群がある。
詳しく見る

月城地区

Wolsong Belt
東洋最古の天文台・瞻星台や、半月城、鶏林がある。
詳しく見る

大陵苑地区

https://upload.si-p.net/img/1501474824_慶州歴史地区_大陵苑.jpg
Tumuli Park Belt
味鄒王陵など23基の古墳を擁する大陵苑がある。
詳しく見る

皇龍寺跡地区

Hwangnyongsa Belt
皇龍寺址、芬皇寺がある。
詳しく見る

山城地区

Sansong (Fortress) Belt
明活山城がある。
詳しく見る

概要

登録国 大韓民国
登録年 2000年
登録基準 (ii)(iii)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 墓 / 廟 / 旧市街・歴史地区

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

7件のコメント