宗廟

宗廟について

朝鮮王朝の歴代王を祀るために1395年に李成桂が造営を開始した。
位牌を奉る正殿や永寧殿、功臣を奉る功臣堂があり、度々増築されて今の形となった。
現在でも年に1回、宗廟大祭が行われている。

概要

登録国 大韓民国
登録年 1995年
登録基準 (iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

24件のコメント