中国丹霞

中国丹霞について

構成遺産地域は6ヵ所から成り、中国南西部の亜熱帯地域に位置している。
丹霞とは赤い堆積層が土地の隆起や風化・浸食などの要因を受けて形成された景観のことである。丹霞山に由来する。
また、この急峻な地形は亜熱帯の常緑広葉樹林を保全するのに寄与しており、数百種の希少種・絶滅危惧種などを含む多くの動植物がみられる。

赤水西部

Chishui - West Section
赤水風景名勝区
詳しく見る

赤水東部

Chishui - East Section
赤水杪欏国家級自然保護区と浠水亜熱帯常緑樹林国家級自然保護区の一部
詳しく見る

泰寧北部

Taining - North Section
泰寧風景名勝区 と泰寧世界地質公園にまたがる
詳しく見る

泰寧南部

Taining -South Section
泰寧風景名勝区と国家森林公園にまたがる
詳しく見る

崀山

Langshan
莨山風景名勝区
詳しく見る

丹霞山

https://upload.si-p.net/img/1501497156_丹霞ジオパーク.jpg
Danxiashan
丹霞地形という名前の由来にもなった山で、ジオパークにもなっている。
詳しく見る

竜虎山:竜虎山地区

Longhushan: Longhushan Section
詳しく見る

竜虎山:亀峰地区

Longhushan: Guifeng Section
詳しく見る

江郎山

Jianglangshan
江郎山風景名勝区
詳しく見る

概要

登録国 中国
登録年 2010年
登録基準 (vii)(viii)
分類 自然遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 森林 / 絶滅危惧種 / 化石・地層

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント