チャンディガールのキャピトルコンプレックス

チャンディガールのキャピトルコンプレックスについて

Complexe du Capitole
1953:インド
「輝く都市」「アテネ憲章」といったコルビジュエが提唱した都市の考え方に基づいて実行された都市計画。商業地区と行政地区に分けられた街路が特徴的であるが、これらのうち行政機関の建築物軍が世界遺産登録された。インド半島に多大な影響を与えたと言われている。

概要

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント