原爆ドーム

原爆ドームについて

原爆ドーム(広島平和記念碑)は、人類史上初めて使用された核兵器の惨禍を伝える建造物である。「負の遺産」として知られている。
建物はチェコ出身のヤン・レツルの設計のもとゼツェッション様式を用いて1915年に完成させた、旧広島県物産陳列館である。その後「広島県産業奨励館」と改称された。
ICOMOSの報告書には「歴史的価値や、建造物としての価値は認められないが、世界平和と目指す活動の記念碑として、世界でもほかに例を見ない建造物である」と記載されている。
時代を超えて核兵器の究極的廃絶と世界の恒久平和の大切さを訴え続ける人類共通の平和記念碑といえる。

概要

登録国 日本
登録年 1996年
登録基準 (vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 負の遺産 / 建築 / 戦争

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

27件のコメント

この世界遺産に関するまとめ