屋久島

屋久島について

九州最南端から約60kmの海上に位置する面積約500k㎡に位置し、山々が連なる山岳島である屋久島。
島面積の約20%にあたる約1万747haが世界遺産に登録されている。
植生は豊富で、象徴的なスギは樹齢千年以上のものが「屋久杉」と呼ばれる。
島内では1000m以上の高低差があり、亜熱帯性植物から冷温帯針葉樹林までが見られ、日本列島の自然が凝縮されている。
固有種も多く、ヤクザル・ヤクシカ等が生息している。

概要

登録国 日本
登録年 1993年
登録基準 (vii)(ix)
分類 自然遺産
その他の特徴 森林 / 固有種 /

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

4件のコメント

  • 2018年05月16日 17時30分

    sayaka

    フランス人の友達が遊びに来たときに、世界遺産だから行きたいということで行った。

    いいね! 0
  • 2017年11月27日 19時13分

    Emirates

    縄文杉まで半日かけて歩きました!あれだけ歩いたのは人生で一番かもしれません。
    帰りの飛行機が悪天候で着陸出来ず、島で延泊したのが、今となってはいい思い出です。

    いいね! 0
  • 2017年10月02日 15時21分

    つばくろう

    いいね! 0
  • 2017年09月30日 07時12分

    ジオ

    屋久島行ったら、海中温泉もいいですよ~

    いいね! 0

この世界遺産に関するまとめ