富岡製糸場と絹産業遺産群

富岡製糸場と絹産業遺産群について

富国強兵・殖産興業に主眼を置き近代化を図った明治政府の主導で、フランスの養蚕技術を導入し再現してみせた富岡製糸場を含む絹産業遺産群である。
製糸場はフランス人技師ポール・ブリュナを招聘し1872年に完成した初の官営器械製糸場である。

富岡製糸場

田島弥平旧宅

http://world-heritage.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1500694178_pixta_10489293_S(1).jpg
養蚕農家である田島弥平によって清涼育が確立された。
瓦葺きで風通しの良い家屋。
詳しく見る

高山社跡

http://world-heritage.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1500603689_pixta_11665235_S(1).jpg
群馬県藤岡市高山にある。
高山長五郎が蚕の「清温育」を確立し実践した場所。
詳しく見る

荒船風穴

http://world-heritage.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1500693931_pixta_22121181_S(1).jpg
蚕の保存用に使用された風穴。
詳しく見る

概要

登録国 日本
登録年 2014年
登録基準 (ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 シリアルノミネーションサイト / 産業遺産

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

7件のコメント