ヴェルサイユ宮殿と庭園

ヴェルサイユ宮殿と庭園について

パリの南西約18kmにあるヴェルサイユ宮殿は、17世紀にルイ14世が建造させた宮廷文化の全盛時代を象徴する宮殿である。
ルイ14世の死後も、ルイ15世、ルイ16世及び王妃マリー・アントワネットと、3代に渡りこの世の栄華を極めたこの豪華な宮殿とその暮らしは庶民の不満を増幅させフランス革命の一因となったとも言われる。
革命後はナポレオンにより修復が行われた。
絢爛な内装で名高い「鏡の間」はベルサイユ条約が結ばれた場所としても知られる。

概要

登録国 フランス
登録年 1979年
登録基準 (i)(ii)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 城・宮殿

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

25件のコメント

この世界遺産に関するまとめ