ル・モーンの文化的景観

ル・モーンの文化的景観について

モーリシャス南西端の半島の岩山ル・モーン。
18〜19世紀にかけて、奴隷貿易の中継地だったモーリシャスでは、多くの逃亡奴隷マルーンがル・モーンを隠れ場所として利用していた。
厳しい環境化で洞窟などに集落を作って生活を営んだこの地が、文化的景観として認められた。

概要

登録国 モーリシャス
登録年 2008年
登録基準 (iii)(vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 負の遺産 / 文化的景観 / 森林 / 集落

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント