パドレ・テンブレケ水道橋の水利システム

パドレ・テンブレケ水道橋の水利システムについて

メキシコ、メヒコ州とイダルゴ州に位置しメキシコ中央高原に延びる水道橋であるパドレ・テンブレケ。
パドレとは「神父」の意味であり、テンブレケ神父の水道橋と約されることもある。16世紀にフランシスコ会のテンプレケ神父が地元の協力の元完成させたものであり、新大陸での灌漑設備としては特筆すべきものである。
水源、泉、水路、水道橋など複数の要素が登録遺産となっている。

概要

登録国 メキシコ
登録年 2015年
登録基準 (i)(ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 建築 / 水利・灌漑

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント