ジェンネ旧市街

ジェンネ旧市街について

マリ共和国、モプティ州の都市ジェンネは13世紀頃から発展した交易都市である。
もとは紀元前3世紀にボゾ族が築いた集落であったこの地は、旧市街が現存する市街地と古代都市遺跡からななっている。
交易都市となってからはトンブクトゥと内陸部を結ぶ街として繁栄した。

ジェンネ・ジェンノ(旧ジェンネ)

Djenné-Djeno (ancienne Djenné) Mali
詳しく見る

Kaniana Mali

トノンバ

Tonomba Mali
詳しく見る

ジェンネ

http://world-heritage.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1507092991_Great_Mosque_of_Djenné_3.jpg
Djenné Mali
大モスク(泥のモスク)が象徴的にそびえる。
「100年後には見られない可能性が一番高い世界遺産」に選出されている。
詳しく見る

アンバルケトロ

Hambarketolo Mali
詳しく見る

概要

登録国 マリ
登録年 1988年
登録基準 (iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 危機遺産 / シリアルノミネーションサイト / 旧市街・歴史地区 / 古代都市

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント