アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945)

アウシュヴィッツ・ビルケナウ ナチスドイツの強制絶滅収容所(1940-1945)について

ポーランド南部オシフェンチム(ドイツ語ではアウシュビッツ)に位置する。
第二次世界大戦でナチス・ドイツが作った強制収容所。ポーランドを占領したナチスはこの収容所にユダヤ人やポーランド人を連行し、強制労働をさせたり殺害したり等行った。一説にはこの地で数百万人が亡くなったと言われている。
現在は博物館となっており殺害の行われたガス室や犠牲者の衣服などを展示している。
1979年、「アウシュヴィッツ強制収容所」の名称でいわゆる負の遺産として世界遺産登録されたが2007年に現在の名称となった。

アウシュヴィッツ

http://world-heritage.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1501061734_Auschwitz(1).jpg
Auschwitz Poland
現地名オシフィエンチム。
1940年、ポーランド軍の建物を利用してアウシュビッツ強制収容所が設けられた。
詳しく見る

ビルケナウ

http://world-heritage.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/img/1501061628_Birkenau(1).jpg
Birkenau Poland
現地名ブジェジンカ。
1941年にナチス・ドイツによりアウシュヴィッツ第二強制収容所が建設された。
跡地は現在博物館となっている。
詳しく見る

概要

登録国 ポーランド
登録年 1979年
登録基準 (vi)
分類 文化遺産
その他の特徴 負の遺産 / シリアルノミネーションサイト / 戦争

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント

この世界遺産に関するまとめ