カナイマ国立公園

カナイマ国立公園について

ベネズエラ南東部ギアナ高地に位置し、面積は約3万haにも及ぶ。
現地のペモン族が「テプイ(神の家)」と呼ぶ幾つもの巨大なテーブルマウンテンと、一段の滝として世界一の落差979mを誇るアンヘルの滝があることで知られている。英語名である「エンジェル・フォール」はこの滝を発見した人物名にちなんでいる。
豊かな生態系が保たれており、特にテーブルマウンテンは外界と隔絶されていることから数多くの固有種の宝庫となっている。

概要

登録国 ベネズエラ
登録年 1994年
登録基準 (vii)(viii)(ix)(x)
分類 自然遺産
その他の特徴 / 固有種 / 絶滅危惧種

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント

  • 2017年05月05日 18時14分

    ゆう

    テーブルマウンテンて上まで登山できるんでしょうか?誰か登ったことありますか?

    いいね! 0

この世界遺産に関するまとめ