コルヴァイのカロリング朝ヴェストヴェルクとキウィタス

コルヴァイのカロリング朝ヴェストヴェルクとキウィタスについて

ドイツ北部、ヴェーザー河畔のコルヴァイに建つ修道院。
砦を持った修道院複合体と、周辺に形成されていた中世の集落遺跡が登録範囲となっている。
フランク王国・カロリング朝時代、822〜855年にかけてこのコルヴァイ修道院は建設され、最高権威の図書館があったことでも知られている。
修道院の西側、塔を伴った建物は「ヴェストヴェルク(西構え)」と呼ばれ、後の教会建築における西正面の見本となった。またこれは現存する唯一のカロリング朝時代の建築物である。

概要

登録国 ドイツ
登録年 2014年
登録基準 (ii)(iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 キリスト教 / 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント