ピレネー山脈のペルデュ山

ピレネー山脈のペルデュ山について

フランスとスペイン両国にまたがり国境にもなっているピレネー山脈。
そのほぼ中央にそびえる石灰岩の山、ペルデュ山は標高3,352mで石灰岩からなる山としてはヨーロッパ最高峰。スペイン側にはヨーロッパ最も大きく深い2つの渓谷がある。
この一帯では旧来のヨーロッパの農業生活様式そのままの農村、牧場、畑、牧草地などの農業景観を今でもみることができる一方で、スペイン・アイベックスやピレネーグマなどの貴重な動物が生息している。

概要

登録国 フランス , スペイン
登録年 1997年
登録基準 (iii)(iv)(v)(vii)(viii)
分類 複合遺産
その他の特徴 文化的景観 / 農業

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント