スイス・アルプス ユングフラウ‐アレッチュ

スイス・アルプス ユングフラウ‐アレッチュについて

スイス南部のアルプス山脈の高峰ユングフラウ(若き乙女の意)や、アイガー、メンヒといった4000m級の高峰が連なる一帯。
アルプス最大であるアレッチュ氷河によって侵食され生み出された氷河地形が特徴的である。また、周辺の自然美を背景に多くの美術や文学作品も生み出されてきた。
2001年に世界遺産登録された際の名称は「ユングフラウ - アレッチ - ビーチホルン」であったが、2007年に登録範囲がヴェッターホルンやブリュームアルプなどを含んだ東西に拡大されるとともに名称も現在のものになった。
近年氷河の後退が懸念されており、主な原因は温暖化であるとみられている。

概要

登録国 スイス
登録年 2001年
登録基準 (vii)(viii)(ix)
分類 自然遺産
その他の特徴 氷河

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

3件のコメント