シベニクの聖ヤコブ大聖堂

シベニクの聖ヤコブ大聖堂について

クロアチア南西部、ダルマティア地方の沿岸部に位置するカトリック建築、聖ヤコブ大聖堂。
15~16世紀に北イタリアやトスカーナ地方およびダルティア地方における相互交流の影響がみられ、鐘塔や装飾類の様式は、ゴシックとルネサンスの融合となっている。
ユーゴスラビア内戦で大規模な破壊を受けたが、修復され世界遺産となった。

概要

登録国 クロアチア
登録年 2000年
登録基準 (i)(ii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 キリスト教 / 建築 / 戦争

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

4件のコメント