エヴァーグレーズ国立公園

エヴァーグレーズ国立公園について

フロリダ半島南端に位置する全米最大の大湿地帯の一部であるエバーグレーズ国立公園。
平均水深は約30センチ程で、湿原にはハンモックと呼ばれる小さな島が点在している。水源はオキーチョビー湖で、南のフロリダ湾にゆっくりとしたスピードで流れている。
様々な生物が見られるが、フロリダピューマやアメリカマナティなどは絶滅危惧種である。
また豊かな植生を有しており、ポドフィルム、オーク、オレンジ、キュウリ、ポーポー、カスタードアップル、ゴムノキは固有種である。
1993年に危機遺産に登録されたが湿地回復プロジェクト等により2007に解除された。しかしながら十分に水質は改善されず、2010に再度危機遺産リスト入りしてしまった。

概要

登録国 アメリカ合衆国
登録年 1979年
登録基準 (viii)(ix)(x)
分類 自然遺産
その他の特徴 危機遺産 / 国立公園 / 固有種 / 絶滅危惧種

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

1件のコメント

  • 2017年10月06日 22時47分

    Mingmei

    危機遺産にもなった多様な生態系で有名な世界遺産

    いいね! 0