富士山域

富士山域について

富士信仰の中心であり御神体でもある富士山と、その周辺を含んだエリア。
・山頂の信仰遺跡群 (さんちょうのしんこういせきぐん)
・大宮・村山口登山道(現富士宮口登山道) (おおみや・むらやまぐちとざんど
う(げんふじのみやぐちとざんどう))
・須山口登山道(現御殿場口登山道) (すやまぐちとざんどう(げんごてんばぐ
ちとざんどう))
・須走口登山道 (すばしりぐちとざんどう)
・吉田口登山道 (よしだぐちとざんどう)
・北口本宮冨士浅間神社 (きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ)
・西湖 (さいこ)
・精進湖 (しょうじこ)
・本栖湖 (もとすこ)
が含まれている。

概要

所属世界遺産名 富士山ー信仰の対象と芸術の源泉
登録国 日本
登録年 2013年

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

3件のコメント