ジャムのミナレットと考古遺跡群

ジャムのミナレットと考古遺跡群について

アフガニスタン西北部、ヘラートの東方約200km,ハリー・ルード川南岸にあるイスラームの塔。
12世紀にゴール朝の君主(スルタン)ギヤースッディーン・ムハンマドの命で建立された。高さ65mに達し、基部は8角形で塔身は2層。一面に細密な装飾でおおわれ、精巧なレンガ造りの塔のには、クーフィー体アラビア文字の刻印がみられる。建築と装飾の素晴らしさは、アフガニスタン建築の最高峰と目されている。グール地方中央のそびえたつ山間の深い渓谷にあり、1957以降広く知られるようになった。
また、ユダヤ人墓地や貯水池も構成資産として登録された

ジャムのミナレットを含むハリー川周辺

Valley of Hari River including Minaret of Jam Afghanistan
詳しく見る

ユダヤ人墓地

Jewish Cemetery Afghanistan
詳しく見る

アラビア語の碑文

Arabic (Isl.) Inscriptions Afghanistan
詳しく見る

貯水池

Water Reservoir Afghanistan
詳しく見る

概要

登録国 アフガニスタン
登録年 2002年
登録基準 (ii)(iii)(iv)
分類 文化遺産
その他の特徴 危機遺産 / 建築

地図

ユーザーコメント

コメントを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録してコメントする

0件のコメント